楽しい暇つぶし方法や穴場スポット情報などをご紹介!

暇つぶしの穴場

みひまるママ 節約

主婦のおすすめ節約方法!どんどん貯金が増えていく!

投稿日:

悩む女性主婦にとって、毎日の生活費をなるべく節約して少しでも貯金を増やしていくことは使命ですよね。
でも、そのための節約方法は具体的にどうしたらいいのか悩んでいませんか?

こんにちは!みひまるママです。
以前、自己紹介の記事でも書きましたが私は専業主婦です。
専業主婦とは、一般的に主人の収入のみで生活をやり繰りしていて、家事や育児に専念している人の事を言いますよね。

私も主人の収入だけで生活をやりくりしているので、何といっても節約が大切になります。
生活がとても厳しい、というわけではありませんが少しでも生活が楽になるように、子供たちの教育資金も貯金するために日々節約しています。

そこで今回は、私自身やまわりの主婦友が実践している節約方法をご紹介したいと思います♪

SPONSORED LINK



主婦の節約方法① ポイントカードの活用

ポイントカード私は、買い出しは週に一回でまとめて行います。
買いに行くスーパーもポイントカードを使用し、ポイントが貯められるお店と決めています。
でも様々なスーパーでそれぞれポイントカードを持っていると、少しずつしかポイントが貯まらないので、私はいつも同じスーパーで買い物をするようにしています。

また、同じポイントカードが使える薬局で日用品も購入しています。
クレジット機能付きのポイントカードにすれば、月々のガスや電気代、携帯代、保険代などもクレジットカードでの支払いにすることでポイントもどんどん貯まるのでおすすめです。
そして貯まったポイントを普段の買い物に還元すれば、食費や日用品の買い物に活かすことが出来ます。
要するに、節約もできてポイント分だけ貯金にまわせるということになるのです!
比較的、主婦の方なら取り入れやすい節約方法だと思いますよ♪

 

主婦の節約方法② 家を綺麗に保つ

綺麗に片付けられたリビングこれが節約になるの?と思いますよね。
家を綺麗に保つというのは、まず物がたくさんあると片付けるのに時間がかかる → 片付けが嫌になる → 片付けなくなる… という悪循環に陥ってしまいます。
そうならないために片付ける習慣を身に付けることも大切なのですが、単純に物を減らすだけでも片付けやすくなります。

すなわち、物が減る → 片付けやすくなる → 不必要なものに気付く → 不必要なものを買わなくなる!
そうなのです、節約につながりますね。

私も年末に大々的な断捨離を行いました。
そうすると、もったいないからと使ってもいないのに置いてあるものや、そのうち使うだろうと思って買ったもののけっきょく使わなかったものなどがたくさんあって、今の自分の生活に必要なもの、不必要な物がかなり明確になりました。

それらに気付くと、何かを買う前に、『これは本当に必要かな?』とよく考えることが出来るので、いわゆる無駄遣いが減るのです!
この節約方法は、日用品以外にも割と高額な物にも活かせる考え方なので、結果的に貯金にまわせる額も多くなります。

家の中も綺麗に保てるし節約が出来て、貯金も出来る。一石三鳥くらいになります!私も現在実践中の節約方法なので、あなたにも是非おすすめします。

 

主婦の節約方法③ 固定費の見直し

電卓と通帳とペン固定費とは保険、携帯、通信費など、月々に必ず支払わなければならない費用の事です。
食費や日用品などは値段も変動しますし、節約しようとしてもなかなか難しいですよね。
しかし固定費は、生活スタイルや収入に合わせてその都度、見直していくことで大きな節約につながります。

携帯は格安SIMだったり、大手キャリアでもプランや機種によってはかなり安く抑えられるようですね。
私の友人の話だと、結婚や出産などを機に毎回保険の見直しを行っているそうです。

私が以前ご紹介した、人生の先輩であるママに聞いたときは「若いうちは最低限の保険を掛けておき、十年に一度など年齢に合わせて見直していくのがいい」と言っていました。

また、余談になりますが主婦の保険は入院費を手厚くするといいそうです。
なぜかというと主婦がいなくなると、お父さんが家事をする機会が多くなるので、外食が増えたり、慣れない買い出しなどで出費も増えてしまうので入院費が重要になるんですね。

 

主婦の節約方法④ その他の節約方法

笑顔で一万円を持つ主婦上記の三つのうち、格安SIMへの変更以外は私も実践していますが、ここからは主婦友に教えてもらった節約方法をご紹介します。

・365日貯金
1~365円を貯金していく方法で、一年間続けると、¥66,795の貯金になるそうですよ!

・1000円CUT
家族全員の美容院代を大幅にカット出来ますね!ただ、やはり1000円の仕上がりなので納得がいかなかったりすることは多いそうです。

・旦那さんのお小遣い
一般的にお小遣いは給料の一割と言われていますが、友人のところは月に1万円と決めているそうです。すこしご主人が可哀想ですね(笑)

 

節約は楽しまなければ意味がない!

スーパーで商品を見比べる主婦いかがでしたか?
節約って聞くと、ケチケチしたイメージがあるかも知れませんが意外と楽しいんですよ♪

専業主婦にとって節約の話題はいつも大盛り上がりの話のネタの一つです。
しかし、何でもかんでも節約!と言ってしまうと家族が生活しにくくなってしまいます。

友人は電気やガス代の節約に固執するあまり、家族が風邪を引いてしまったり、家に居ても居心地が悪くなってしまったそうです。
そうなってしまっては何のための節約、誰のための貯金なのか分からなくなりますよね。

節約するなら、楽しんでください!
今月はこんなに貯金出来る!と喜んでこそ、節約が長続きするのです。
ぜひあなたも一緒に節約生活を楽しみましょう♪

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。







-みひまるママ, 節約
-,

Copyright© 暇つぶしの穴場 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.