楽しい暇つぶし方法や穴場スポット情報などをご紹介!

暇つぶしの穴場

同窓会 楽しいイベント

同窓会の幹事になってもプログラムで困らない! 失敗しないで盛り上がるおすすめの余興5例!

投稿日:2017年12月5日 更新日:

同窓会で乾杯のイラスト1月には成人式がありますが、その時に初めての同窓会があるという人も多いと思います。
皆で集まって、久しぶりの近況報告をするだけでも楽しいですが、それだけですと場がもたない、締まらないということになりがちです。
幹事になったら何をやったらいいのか困ってしまうこともあるでしょう。
今回はそんな方に、ちょっとしたアドバイスをしたいと思います。
基本的なプログラムやおすすめの余興ネタを5例をご紹介。必見ですよ!

SPONSORED LINK



同窓会の基本的なプログラム

小学生時代の同窓会、中学生時代の同窓会とそれぞれの企画があるかもしれませんが、どちらもやることはそれほど変わりません。

1.開会の挨拶
2.乾杯の音頭
3.歓談の時間
4.恩師への挨拶、恩師からの言葉
5.閉会の挨拶

基本的にはこんな感じのプログラムで動きます。
これらの合間に、何か余興やゲームなどを行うと言った形になるのではないでしょうか。

 

事前準備がいらない余興

定番のビンゴはいまいち

会話を楽しむ男女同窓会のメインは、久しぶりに会った人たちとの歓談です。
まさに『余興』では、簡単に短い時間でやるものが良いと思います。

余興というと、どうしてもビンゴのようなものを思い浮かべますが、思ったよりビンゴは盛り上がりません。
酔っている人もいますし、話に夢中になっている人も多いからです。
中にはビンゴカードを配ってもやらない人もいます。

おすすめは全員での記念撮影

全員参加で一番やりやすいのは、やはり全員での記念撮影です!
これなら並ぶだけで、あとは写真の手配をするだけです。
後で現像して配ってもいい記念品になります。
私も小学生時代の同窓会で記念写真を貰いましたが、みんなの変化が後で見直せてとても楽しいものでした♪
家族に見せながら説明するのも面白いですね。

全員で校歌を大合唱

歌をうたう女の子と男の子後おすすめなのが、全員で校歌を歌うのはどうでしょうか。
歌ってみるとちゃんと覚えていたりして、歌った本人もビックリします(笑)
忘れていても、周りが歌い始めれば思い出したりしますので大丈夫です。
私が参加した同窓会でも歌いました。
一番は覚えていましたが、二番は忘れてましたね。
周りの人も二番は途中までしか覚えていなくて、中途半端に歌が終わってしまい、大爆笑しながら盛り上がりました。
思ったより楽しいのでおすすめです♪

仲間にしかわからないネタで盛り上がる

学校でしたこと繋がりで、体育で練習したことをやってもいいでしょう。
具体的には、前ならえ! 右向け右! 点呼! などです(笑)
学校以外でそんなことする機会がないので、途中で笑ってしまいます。
しかも体が覚えていたりして、できたことにビックリします。
その学校独自のものだともっといいですね。

ダンスをする子供たち私の中学校時代は、『中学生体操』なるものをやらされていて、
その独特のポーズは同窓生にしか通じないので、やり始めると楽しくなってしまい皆でやって盛り上がりました。
ローカルネタで盛り上がるようなものですね。

 

事前に準備が必要な余興

アンケートを集めて当日発表する

アンケート調査ペンとルーペ参加の出欠を知らせる葉書にちょっとしたアンケートをつけておいて、同窓会の場で結果を発表するものです。
これは意外に盛り上がります。
アンケートの内容は何でもいいのですが、私が参加した時には『小学生時代の思い出』というものでした。
みんなバラバラな答えだったりして、すごく盛り上がりましたよ♪

スライドショーを映し出す

運動会思い出の写真他に事前準備が必要なものとしては、スライドショーです。
卒業アルバムの写真でもいいですし、現在の校舎の写真や個人で持っていた写真などをスライドショーにして会場のスクリーンに映すものです。
懐かしくなって、会話の方も盛り上がりそうですね

 

余興は短い方がいい!

同窓会パーティー挨拶も余興も、ダラダラやるより実は短い方が喜ばれます。
どうしても力が入ると長めになってしまいがちですが、そこはスッと短くしてメリハリをつけるようにしましょう。
あくまでも同窓会は歓談がメインと割り切って、短く簡単なもので楽しんでください。
さあ、これであなたも同窓会を楽しむ準備はバッチリですね!







-同窓会, 楽しいイベント
-, ,

Copyright© 暇つぶしの穴場 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.