楽しい暇つぶし方法や穴場スポット情報などをご紹介!

暇つぶしの穴場

年間行事 楽しいイベント 節分

2018年の節分方角とは?決め方や豆まきの由来について、なんのために豆をまくの?

投稿日:

赤鬼のお面と豆と恵方巻年間行事の中で節分と言えば「豆まき」ですよね。
豆まきは「鬼は外、福は内」の掛け声で豆を投げる。
大体このことくらい知っていればできる行事です。
でもどうしてそんなこと言うの?とか、どうして豆を投げるの?など考えると不思議なことでいっぱいです。
そこで今回は節分の由来や、恵方について調べてみたいと思います。
2018年の恵方の方角についても調べました。

SPONSORED LINK



節分の由来

赤鬼そもそも節分というのは、季節の変わり目の
『立春、立夏、立秋、立冬』とその前日のことでした。
しかし、もともと春が一年の始まりで大切だと考えられていたことから、立春の前日の節分だけが残ったと考えられています。

旧暦の頃は、立春が一年の始まりで節分は大晦日でした。
大晦日には一年が良い年になるように、豆をまいて災厄という鬼を追い出すという儀式をしていました。
これは中国から伝わった『追儺(ついな)』の儀式で、平安時代に宮中での儀式になったものです。
それが一般庶民に伝わったのは江戸時代頃からだそうです。

 

2018年の節分の日にちと豆まきの意味

赤鬼のコスプレ2018年の節分は2月3日(土)です。
大体中国の春節の頃になります。
中国の春節は今でも旧暦に従った正月辺りですね。
春節は大体1月末から2月のはじめ辺りになっています。
日本にも中国の観光客が多く来ますので、旧正月は何となくわかるようになりました。

所で皆さんは豆まきにはどんな豆を使っていますか?
私の住む地方では、豆まきはピーナッツを使っています。
小さい頃からずっとそうだったので、成人するまで豆まきはピーナッツをまくものだと思っていました。

ご存じだと思いますが本当は、炒った大豆を使うそうです。
何故炒るのかというと、生の豆では芽が出てしまうことがあるから(芽が出る=成長する)だそうです。
豆をぶつけて鬼退治する意味とは、魔(鬼)の目(魔目=まめ)にぶつけて魔を滅(魔滅=まめ)するという語呂あわせなのです。
そう考えると、やっぱりピーナッツをまくのは鬼退治ではないですね。
でもまいた後拾って食べる時には美味しいと思います。

 

豆まきは誰の役目?

豆まきは夜に、一家の主人あるいは年男年女、厄年の人が行います。
一家の主人は家を預かる立場から厄を払う、
年男年女は、その年の干支生まれは縁起が良いという理由から。
厄年の人は豆をまいて厄を祓うためにということからです。
しかし現在では、豆をまく人は主に子どもですよね。
鬼の役はだいたいお父さん。
これも時代の流れということで、違う意味を持っていくのでしょう。
家族の厄を祓う為に、神の世界に近い子どもが投げる、という風になっていくかもしれませんね。

 

まく豆はピーナッツがおすすめです!

ピーナッツ豆まきの掛け声は「鬼は外、福は内」
流れとしては、玄関で豆をまいたらすぐに扉を閉めます。
その後家の中でまいて終わりです。
豆まきが終わったら、年の数だけ豆を食べます。
豆を食べることで豆まきは完了。一年間無病息災で過ごせるといいます。

ところで大豆の炒ったものは美味しいですか?
前に書いた通り、わが家はピーナッツを投げて食べる習慣なので、大豆の味は想像できませんがピーナッツは美味しいです。
豆まきはピーナッツ推しですので、皆さんにも良さをアピールします(笑)
豆も汚れず便利ですよ♪

2018年の恵方の方角

最近では節分に恵方巻きを食べることが定着してきました。
恵方巻きとは、その年の恵方を向いて食べる太巻きのことですね。

今年の方角は『南南東やや右』だそうです。

恵方とはその年の福を司る神様の歳徳神(としとくじん)がいらっしゃる方角のことです。
それは十干(じっかん)というもので決めます。
十二支の干支と甲(きのえ)や己(つちのと)の組み合わせです。
ここ十年くらいで急に恵方巻きがクローズアップされてきて、それで知りました。

もともと大阪の花街の習慣だそうで、セブンイレブンが広めたという話です。
でも恵方巻きは大きいものを無言で噛み切らず一本食べるのは至難の業ですよね。
今は色々なものが売られていますので、なるべく小さいものを買って結局噛み切って食べています。
縁起物なので、気にする人は気にすると思いますが、私は美味しく食べられればいいかな、と思って楽しく子どもと喋りながら食べています。
それもまた福を呼ぶ気がしませんか?
笑顔で楽しくしていることが一番いい気がします。

恵方巻を食べる女の子と犬

今の節分の形

昔ながらの節分ですが、時代とともに変わってきている部分もありますね。
それもまた伝統になっていくのかもしれません。
節分で家族の触れ合いや会話をしたり、厄払いの気持ちを持ったりして、気持ち良く過ごせるようになるのが一番なのかもしれません。
最後まで読んでいただきありがとうございました♪







-年間行事, 楽しいイベント, 節分
-, , , , ,

Copyright© 暇つぶしの穴場 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.