楽しい暇つぶし方法や穴場スポット情報などをご紹介!

暇つぶしの穴場

お正月 健康 年間行事

2018年「七草粥」の意味とは?正月のいつ食べるものなの?

投稿日:

今年も残すところあと1か月になりました。
忙しい一年だった方、毎日笑いが絶えない日々の一年だった方、みなさん様々な思いでお過ごしだった一年だと思います。

クリスマス、お正月を終えるといよいよ2018年も仕事、学校が始まります。
目まぐるしい日々の行事に休む暇もない状態だと思います。

特にイベント等が多く、外食の機会も増えて胃腸を休める暇もない、体重が増えてしょうがないという方が多いのがこの季節です。

そんな正月あけの1月7日に食べる「七草粥」にはどんな意味があるかご存じでしょうか?
今回はこの「七草粥」について調べてみたいと思います。

SPONSORED LINK



七草粥を食べる意味とは何でしょう?

今年一年の無病息災を願って食べるのが「七草粥」で、意味は以下のようなものです。

・厄払いと健康を祈るもの
・神様への感謝の気持ち、新年を無事に迎えられたことの喜びを表すもの

なぜ1月7日に食べるのか?ということでは、私は正月までに弱りはてた胃腸を休ませ、調子を整えるために栄養のある七草の入った粥を食べて回復をはかる!という意味だと思っていました。

これは確かに現代では言い伝えられていることとしては正しいのですが、実は昔からの暦上の風習に則ったものであることも忘れてはいけません。

中国では昔の風習で、元日からそれぞれの日に動物をあてはめて占いを行い、該当する動物は殺してはいけないといわれていました。
その7日目にあたるのが「人」にあたったため、人を大切にする、そのために体をいたわろうという考えのもと七草粥の風習が生まれたといわれています。

 

七草粥の七草とはどんな草?

ところでこの七草粥の七草とはどういうものをさすのでしょうか?

「せり、なずな、おぎょう、はこべら、ほとけのざ、なずな、すずしろ」の7つです。

正直1月7日にしか食べない人も多いと思います。
私も正直その一人です。
かつ、最近は「七草粥セット」なるものをスーパーで売っているので購入してしまうことが多いです。

やはり今は便利ですよね。
ですが、どの草がなんという名前でどういう意味があるのかまで考えずに食べています。

 

七草粥の正しい意味を伝えていきたい

うちの家族はお粥は体調が悪いとき以外は特段食べたくない、お正月はたいして出かけてないし外食もしていないから別にお粥を食べなくてもいいという人(特に夫は大食漢なのでお粥では全然足りないのです。)もいるので積極的にはやっていない状態です。

今更振り返ってみて、いくらお腹にたまらなくてもやはり1月7日だけは食べないといけない、神様に失礼だなと反省しています。

そういえば、まだ結婚する前、実家でもあまり食べていなかったのですが、七草粥の話を聞いて体にいいものなら別に決まっている七つの草でなくてもいいのでは?
家にあるものを入れて足りないものは買ってきたらという話を母がしていました。
ほうれん草など何か家にあるものを入れて、あとはスーパーで買ってきたものを入れて食べたように思います。

あのときは何とも思わなかったですが、私も母となりいずれ孫にも会うのかと思うと最低限のしきたりは正しく教えることが親の責任だなと反省しております。

2018年は正しい風習を意識して「正しい七草粥」を作りたいと思います。







-お正月, 健康, 年間行事
-, , , ,

Copyright© 暇つぶしの穴場 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.