楽しい暇つぶし方法や穴場スポット情報などをご紹介!

暇つぶしの穴場

年間行事

勤労感謝の日の由来と意味とは? 香取神宮で弓道の大会に参加して思うこと…

投稿日:2017年11月21日 更新日:

11月23日は国民の休日となる、
「勤労感謝の日」です。
でも、勤労感謝ってどういう意味なんだろう?何に感謝する日なの?という素朴な疑問が湧いてきました。
まもなく年末を迎える、この時期の国民の祝日の由来とはどのようなものなのか調べてみたいと思います。

SPONSORED LINK



「勤労感謝の日」の由来 制定されたのはいつ?

この祝日は1948年(昭和23年)に制定されたのが始まりです。
その趣旨はというと「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」こと。
… ちょっと難しいですね。どういうことなのでしょうか?

その昔、日本には古くから五穀豊穣を祝う習慣があったそうです。
「新嘗祭」と言われるもので、その年の収穫物に感謝を示してお祭りするというものでした。
しかし、これは第二次世界大戦後のGHQの占領政策によって改定され、その後新しく「勤労感謝の日」として設定されたそうです。
少なからず、アメリカ文化の影響を受けて制定された祝日といえそうですね。

 

何に感謝する日なの?

昔は産業といえば農業が主でした。
食べるもの、特にお米の収穫に感謝し、新米を頂けることの喜びを表す意味合いがあります。

ですが今の時代、当たり前のように食べ物が食べられる子供たちには、食べ物の本当のありがたさは伝わりにくいのかもしれません。
単に会社や学校がお休みぐらいの意識しかない子供たちも多い印象があります。
そういう意識が薄れているからこそ、勤労感謝の日の由来もしっかりと伝えていかないといけないな、と思います。

 

11月23日は香取神宮で弓道の大会に参加

実は私は26年間、弓道を修練しております。
毎年この11月23日になると、地元千葉県香取市の香取神宮で弓の大会が行われています。
「新嘗祭」とからんだ行事となっており、敷地内には弓道の大会の他に菊祭り、書道大会他いろいろな催しものが開催されていて人出もかなり多いです。

この「新嘗祭」は飛鳥時代から日本各地のいろいろな神社で行われている行事です。
その年にとれた収穫物に感謝し、神様にお供えするとともに自らも食べることによって、来年の方策を祈るという意味が含まれています。

 

勤労感謝の意味をしっかり考える!

私は毎年、香取神宮の大会に参加していて、寒い中一日中、弓三昧という日々を送ってきました。
ですがこうして勤労感謝の意味をしっかりと意識すると、私も今まではただの休日だと思って休んでいただけだったなぁと、少し情けない気持ちになりました。
それでも性懲りもなく、こうして香取神宮の大会に参加させてもらっています。

弓道以外にも境内でふるまわれたお茶懐石にもしっかり参加しております(笑)
神社参拝、お土産屋めぐりと神様に感謝する以前に、まず自分たちが楽しむことに奔走しているのは、考えてみれば反省しなければいけないとことですよね。

そして、弓道場の裏側では焼き芋を焼き、甘酒をふるまって下さって高校生を中心に参加者一同は食べることに夢中になっていました。
これはこれで微笑ましい、平和な休日の過ごし方なんだなと感じてしまいました。

 

勤労感謝の気持ちを忘れず弓道に邁進していく?

香取神宮で行われる弓道の大会はとても人気があり、緑多い中にひっそりと建つ弓道場は趣深いものがあります。
今はスポーツセンター等に併設されている弓道場で練習する人が多いと思いますが、昔の姿そのままの弓道場を知ることにより、弓道の奥深さに触れることができます。

大会でよい成績を収めることももちろん大切なのですが、ときに都会から離れて静かな空間で時間の流れを感じながら弓を引くことの醍醐味は素晴らしいものがあります。
このような弓道の楽しみ方を、もっと広めていきたいと日々考えています。。

ただし、この話は勤労感謝の日という前提を踏まえていないことをご了承下さい。
こんな状態で神様がお許しくださるかもお伺いしておかないといけないですね(笑)







-年間行事
-,

Copyright© 暇つぶしの穴場 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.