楽しい暇つぶし方法や穴場スポット情報などをご紹介!

暇つぶしの穴場

みひまるママ 子供

職場で憧れの先輩、尊敬していた女性との再会! 子供同士が同じ幼稚園になり大切な存在に

投稿日:2017年11月20日 更新日:

皆さん、こんにちは!
みひまるママです。
だいぶ冷え込みが厳しくなってきましたね。

突然ですが、あなたには憧れの人っていますか?
その時その時によっても憧れの人って変わりますよね。
私が学生の頃は、部活の先輩だったり、字が上手な友達や、我が道を突き進む芯の強い子など、自分にはないものを持ってる人に惹かれました。

今は結婚して子どもを産んで、マイホームも購入して、一般的に見れば幸せそのものに見えると思います。
それでも、憧れる人はいるわけで…。
昔と自分が変わったと思えるのは、悔しい!ずるい!という嫉妬の気持ちがなくなり、ただただ『素敵だな』『ああいう人になりたいな』と、思えている事です。

今日は、今わたしが憧れている人のことについて書きたいと思います。

SPONSORED LINK



職場で憧れの先輩との出会い

私が憧れているその方は、結婚前の職場で知り合った先輩です。
働いている時は、仕事ができて役職にも付いていて、私とは歳も6歳ほど離れていましたし、雲の上の存在でした。
いつも笑顔で、でも芯が強くて、新人だった私にもとても優しくしてくれました。

その当時は、職場の先輩と一緒に帰ったり、ご飯を食べに行ったりする事はなかったので、職場以外で会うことはありませんでした。
そして、その先輩は私が働き始めて一年で退職されたので、そこまで仲良くなったりプライベートな会話をする事もなく、先輩のうちの1人という感じで退職の日を迎えました。

それからは年賀状のやり取りくらいでした。
近所に住んでいる事は知っていたのですが、ショッピングモールで何度かお会いしても、
挨拶をする程度でした。
それから数年が経ち、私も職場を辞め、結婚して子どもが生まれ、マイホームを購入しました。
今から3年前のことです。

 

子供を通じて偶然の再開

偶然にも私の息子と、先輩の2人目の子が同じ幼稚園に入園する事を知りました。
事前に幼稚園の事も知っておきたいし、1人目の子をその幼稚園に入園させたと聞いていたので連絡を取ってみました。
数年ぶりの連絡にも何の戸惑いもなく、すぐに返信してくれました。
そして、幼稚園の事を根掘り葉掘り聞く私に、一つ一つ丁寧に教えてくれたのです。

今思えば、いきなり連絡して来たかと思えば、幼稚園の事ばかり質問攻めで、直接幼稚園に聞いてみればいいのにって、思われるような内容のことも多かった気がします。
それでも『私も1人目の時に、とても不安だったから気持ち分かるよ〜。』と、嫌な顔一つせず私の不安な気持ちに寄り添ってくれました。

“人の心に寄り添えるって、素敵だな”

この時くらいから、憧れの気持ちは芽生え始めていたと思います。

 

尊敬していた女性がママ友に

子ども達も同じクラスで、家も近かったので遊ぶ機会も増え、子供同士が仲良くなるに連れて、私と先輩の仲も先輩後輩からママ友になりました。
今では週に、少なくても一回は一緒に過ごしています(笑)
長男が入園するにあたり心配事が絶えなかったのですが、それも全て話すと、
『私も1人目の時、同じこと思ってた』と、自分の体験から学んだことを話してくれました。

働いていた時は、あまり思いませんでしたが、先輩と私はよく似ているんです。
考え方や受け止め方、性格や価値観まで。
世間話一つにしても、『うーん、そうかなぁ?』と思うことはなく、何を話しても共感しか生まれません(笑)
大袈裟かもしれませんが、本当なんです!

最初に書きましたが、昔は自分とは全く違うタイプの人に憧れを抱いていました。
先輩は、性格や価値観などが似ていると感じるからこそ、より強く憧れるのかもしれません。
完全に手が届かない雲の上の存在よりも、自分にも取り入れたいと思える長所を持っている先輩は、とても輝いてみえます!
これから先もずっと“こんな人になりたいなぁ”という、憧れの存在だろうなぁと思います。
そんな憧れの人と、先輩後輩の垣根を超えてママ友として仲良くなれて、とても嬉しいんです。

 

私にとって大切な存在

先輩がいるからこそ、長男の幼稚園生活も親としてしっかり支えてあげられていると言っても過言ではないほど、心の拠り所になっています。
学生時代の友達は、友達歴も長く、長所も短所も知った上で長く付き合えますよね。
でも、子どもを介して知り合ったママ友の前で、素の自分をさらけ出すのは、なかなか簡単な事ではありません。
年齢も経歴も全く違うママ友との会話や、仲良くなる方法もそう簡単ではありませんよね。
ですので、ママ友との関係に悩む人も多いのです。

私は今この歳になって、学生時代の友達のように深く関われるママ友に出会えた事、そして憧れを抱くことができる存在の人に出会えて、日々刺激をもらえる環境にいられることに感謝の気持ちでいっぱいです。

憧れの先輩とのエピソードや、私なりのママ友との関わり方なども、これから書かせて頂きたいと思ってますので、楽しみにしていてくださいね♪

みひまるママ







-みひまるママ, 子供
-, ,

Copyright© 暇つぶしの穴場 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.