楽しい暇つぶし方法や穴場スポット情報などをご紹介!

暇つぶしの穴場

イベント みひまるママ 七五三 子供 年間行事

七五三のお参りはいつ?満年齢と数え年の違いって?子供や親の服装は何を着ればいいの?

投稿日:

皆さん、こんにちは!

みひまるママです。

私は関西在住の4歳と2歳になる子どもを持つ母親です。

 

だんだん寒くなり、冬の気配を感じ始める季節になりましたね。

小さなお子さんを持つ方たちは、この季節になると七五三を思い浮かべませんか?

近くの神社などで、袴や着物を着てお参りしている子供を見ると、七五三の季節なんだなぁ、と微笑ましくなりますよね。

 

私も昨年、上の子の七五三のお参りをしました。

でも七五三って、女の子が7歳になると着物を着る、千歳飴をもらう、とか自分の体験した情報しか知らなくて…。

 

そこで今回は、

上の子の七五三を機に、男女によって違いがあるのか?どんな事をすればいいのか?お参りはいつ行くのか?など、

七五三という行事について色々と調べて、私なりにまとめたものをご紹介していきたいと思います!

SPONSORED LINK



 

 

そもそも七五三ってなんのためにするの?

七五三は、子供の成長を願う儀式です。

昔の子供は小さいうちに亡くなってしまう事が多く、子供の健やかな成長は誰もが願う事でした。

子供が小さい頃にはお祝いごともたくさんありますよね。

『お七夜』、『お宮参り』、『お食い初め』など、七五三もその1つです。

いかに子供が健やかに育つことが大変で素晴らしい事なのか、こういった行事を通して感じることが出来ます。

昔に比べて今は、子供が成長しやすい環境も整っていますが、それを当たり前ではなく、昔からの行事を通して子供の成長を願い、喜び、祝っていきたいと改めて感じます。

 

 

七五三をやる年齢は? 満年齢と数え年の違いってなに?

七五三というのですから、7歳、5歳、3歳かなぁと思いますよね。

昔は数え年でお祝いすることが多かったようですが、現在では数え年でも満年齢でも、

特にこだわりはないようです。

 

私はこの、満年齢と数え年がいまいちよく分かりませんでした。

例えば、3歳差の兄弟が一緒にお祝いする場合、上の子は満年齢5歳で下の子は数え年3歳(満2歳)ということになります。

数え年は、生まれた時が1歳、という数え方ですので1歳のお誕生日がくると数え年では2歳になります。

満年齢より1歳多く数える、と考えると分かりやすいですね。

 

 

お祝いの時期は男女で違うの?

七五三は、それぞれの歳によってお祝いする意味が違ってきます。

ですので、男女でお祝いする年齢が変わってくるのです。

 

7歳『帯解き』

付け紐から大人と同じ丸帯を付ける儀式。

女性として社会の一員になることを意味しています。

 

5歳『袴着』

初めて袴をつける儀式。

男性として社会の一員になることを意味しています。

 

3歳『髪置きの儀』

昔は、男女ともに3歳までは坊主でした。

この儀式を機に髪の毛を伸ばし始めたそうです。

 

このように、年齢ごとに儀式の意味が変わってきますので、

女の子は、7歳と3歳、

男の子は、5歳と3

の時にお祝いするのが一般的となったようです。

 

必ずやらなければいけない!というわけではなく、子供の成長を願う儀式ですので、7歳や5歳の時だけでもいいですし、全ての年齢でお祝いしても大丈夫だそうですよ!

 

 

七五三のお祝いっていつ、どこで、何をするの?

七五三は、11月15と言われています。

この日になった理由には、江戸幕府五代将軍、徳川綱吉が長男の健康を祝ったから、など諸説あるそうです。

しかし、現在では必ず15日にというわけではないようです。

10月〜11月の都合が良く、縁起のいい日にする事が多いようですね。

 

内容としては、神社で参拝、ご祈祷の後、千歳飴をもらい写真撮影、家族でお食事が定番の流れになります。

七五三の時期になると、神社のご祈祷や写真撮影をする写真館などが、とても混雑しますので、事前に予約をしてから行く方がいいと思います。

 

私の場合は、写真撮影を前もって早めに済ませました。

お誕生日の写真と一緒に撮ってしまったので、当日はご祈祷と食事だけで、とてもスムーズに終わりましたよ!

写真撮影を七五三シーズンからずらして申し込むと、参拝当日に着物や袴を無料で貸し出してくれるキャンペーンを行なっている写真館もありますので、チェックしてみてくださいね。

 

 

子供に着せる服装は?親は何を着ればいい?

服装も年齢によって異なります。

男の子3歳は特に指定はないようですが、

5歳の時には正式な晴れ着である、袴、紋付、羽織を着用します。

女の子3歳は三つ身という子供用の着物を、7歳なら、四つ身という着物を着ます。

 

さて、親の服装ですが…

私はすっごく悩みました!

子供の服装はなんとなく分かっていましたが、親は何を着ればいいの?!と戸惑いました(笑)

 

昔はお母さんも着物を着ることが主流でしたが、小さい子供といると着物では動きにくいですよね。

今はスーツを着る方が多いみたいです。

入園式や卒園式に着るようなスーツが良いそうなのですが、子供が保育園や幼稚園に通園していなくて、入園式などのセレモニーに参加した事がない方にとっては分かりづらく悩みますよね。

 

ですが、七五三シーズンになるとショッピングモールなどにスーツが並んでいたり、七五三の写真を見る機会も増えますので、その時にチェックしておくと戸惑わないと思います。

子供の成長を祝う日に着ますので、色は暗くなりすぎず、明るい色やコサージュなどで華やかにするのがおすすめです。

 

スーツといえばスカートのイメージですが、まだまだ子供を追いかけ回す時期ですよね(笑)

今はパンツスーツも豊富に用意されているので、動きやすい格好の方がいいという方はパンツタイプもおすすめです。

 

お父さんはスーツが主流です。

ネクタイは明るめの色を選び、礼服のようにかしこまった物ではなく、少しくらい柄が入っているくらいの方が明るくていいですね。

でもあくまで子供が主役ですので、親の服装は派手な色や目立つ柄のものは避けてくださいね。

 

 

子供の健やかな成長を願って

いかがでしたか?

七五三について色々と調べていると、親が子供を想う気持ちは昔から変わらないんですよね。

周りもしているから、何も知らずに子供が3歳になったから、もうすぐ七五三かなぁ?と漠然と考えていました。

でもこうした儀式の意味や七五三の由来を知って、儀式の大切さに気付くことが出来ました。

 

昔の人たちが作り上げた風習や行事は、日々の育児や生活に追われるばかりではなく“子供の健やかな成長”という、つい当たり前に思ってしまいがちな奇跡を思い起こしてくれるきっかけになります。

 

七五三の意味をしっかりと知った上で、お子さんの健やかな成長を喜んで、たくさんお祝いしてあげてくださいね♪







-イベント, みひまるママ, 七五三, 子供, 年間行事
-, , , , ,

Copyright© 暇つぶしの穴場 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.