楽しい暇つぶし方法や穴場スポット情報などをご紹介!

暇つぶしの穴場

ニュース 流行語

「忖度」(そんたく)の意味をわかりやすく解説!正しい使い方とは?

投稿日:2018年1月29日 更新日:

忖度 書道「森友学園」問題のニュースでここ最近よく耳にするようになった「忖度」(そんたく)という言葉。
2017年のユーキャン新語・流行語大賞にも選ばれましたよね。

今まであまり使っている人がいなかったためか、ここにきて「忖度」という言葉がクローズアップされています。
でも「忖度」とは一体どういう意味なのでしょうか?
今回は、忖度という言葉の意味と正しい使い方について、なるべくわかりやすくまとめました。

SPONSORED LINK



忖度の本来の意味

辞書に載っている忖度の意味辞書で引いてみると「相手の気持ちを推しはかること」と書いてあります。
「推しはかる」という言い方が難しく聞こえますが、わかりやすく言うと「相手の状況を他の似たケースから考えてみて、だいたいこんな感じだろうと想像すること」という感じで考えていただければいいと思います。

もともと、本来の意味はこのように辞書に載っているような使い方だったのですが、最近は少し意味合いが変わってきているようです。

「偉い人に気を使わせて、周囲がそれを察知し何らかの行動をとること」

という意味で使われているようです。いずれにしても私には全く使う場面がありませんが(笑)

 

忖度の使い方

国会に落ちる雷森友学園のニュースのときに良く出ていた忖度の使い方は以下のような感じです。

安部首相の口利きがあったか聞かれ籠池氏はこのように答えました。
「口利きはしていない。忖度をしたということでしょう」と述べました。

現在、籠池氏に流れている逆風については「今度は逆の忖度をしているということでしょう」と述べていました。

いずれも一度聞いてみても、どういう意味なのかさっぱり分からない状態ですね。
私だけでなくほとんどの人が意味がわからなかったため、テレビでも「忖度」と大きく取り上げられるたびに、わかりやすく意味の解説がされていました。

結局、籠池氏は逮捕されました。
この言い方は何らかの策略だったのか?はいまだによくわかりませんが、難しい言い方をすることによってかえって人の理解は得られなくなると感じたのは私だけでしょうか?

 

マイナスイメージがついてしまった「忖度」

新聞を読むサラリーマンこの一件があってから「忖度」という言葉を使った言い回しは何かよくない、マイナスのイメージを受けるようになりました。
そもそも使いずらいこの単語を取り入れることによりかえって文章は複雑化し、人から疑問ももたれるような感じになってしまっています。

ある記者がテレビで言っていました。
「このような使いまわしをすることにより『忖度』という言葉は汚れてしまった気がしますね。」

森友問題でのこの「忖度」の言葉に対しては様々な反応が出ていました。
海外のメディアが忖度を翻訳するのに苦労し結局は似たような単語で文章をいったん作成したあと、わかりやすくするために「Sontaku」として別に説明を加えるなどの体裁を施していたそうです。

 

「忖度」の使い方は変化していく?

黄昏時の町日本国内だけでなく、海外のメディアでもこのあいまいな言葉には翻弄されまくりでした。
そのため、この「忖度」という言葉自体がクローズアップされることになり、2017年の流行語年間大賞を受賞するまでになったと言われています。

そんな影響を受けているのか、なんでもかんでも「忖度」という言葉をつける人たちも出現したりで世の中の言葉は迷走中です。
言葉の意味は時代と共に変化していくといわれていますが、この「忖度」も時代の流れとともにどう変化していくのか、おもわず楽しみにしてしまいますね。

こちらでは忖度と似たような意味を持つ「斟酌」について、意味の違いや使い方を書いていますので、のぞいてみて下さいね♪
「忖度」と「斟酌」それぞれの意味と使い方の違いとは?テレビでの使われ方は間違い!







-ニュース, 流行語
-, ,

Copyright© 暇つぶしの穴場 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.