楽しい暇つぶし方法や穴場スポット情報などをご紹介!

暇つぶしの穴場

みひまるママ 衣替え

衣替えが簡単になるおすすめの収納方法!

投稿日:2018年1月27日 更新日:

洋服をたたむ親子冬も終わり春を迎えると、しなければならない面倒な作業がありますよね。
そうです、“衣替え”です。
秋冬物を片付けて、春夏物を出す。衣替えの時期を間違えると着ていく服に困る、なんて事も。

こんにちは!みひまるママです。
まだまだ寒い日が続きますね。極度の寒がりである私は早くも春の穏やかな暖かい日々に想いを寄せながら過ごしています(笑)

大嫌いだった衣替えを少しでも楽にしたくて、色んな方の収納方法を参考にしてきました。
今回は、私が試行錯誤して辿り着いた収納方法をご紹介します!

SPONSORED LINK



ハンガーを使う収納方法

ハンガーにかけてある服せっかくたくさんの服を持っていても、タンスや衣装ケースの奥に入れたまま気付かずに衣替えのときになって、『あっ!こんな服持ってたな~』なんて経験はありませんか?
衣替えのときに気付いても、来シーズンにその服を着ることはほとんどありません。
だって無くても困らなかったわけですから。

結婚当初は押し入れの中の衣装ケースに服を収納していたので、そのまましまわれて気付かない服がたくさんありました。
そこでおすすめなのが、全ての服をハンガーにかけて収納する方法です!
そうしておけば、クローゼットを開けるだけで自分の持っている服を全て把握することができます。

また、クローゼットに収まる量だけに服を減らせば、衣替え自体をする必要がありません。
私の場合は、パンツなどのボトムスのみ、春夏と秋冬用に分けて衣装ケースに収納し、他の服は全てハンガーにかけています!
ニットや襟元が広い服は、滑り止めが加工されているハンガーを使用しています。

クローゼットを開ければ全体が一目で把握できるので、似たような服を買ってしまったり、不要な服もすぐに気付けるのでとてもおすすめですよ。
私と主人の服はすべてこの方法で収納しています。なんといっても、衣替えの必要がないのが最大の魅力ですね♪

 

衣装ケースを活用した収納方法

引き出しの中で服を縦にしてしまうパンツなどは衣装ケースに収納していると言いましたが、シーズン毎に引き出しを分けて収納しています。
使用するシーズンになると、引き出しごと一番上の使いやすい場所に移動させるだけで衣替えは完了です♪
とても簡単なので、すごくおすすめです!

引き出しの中は、上に重ねて収納するのではなく、出来る限り縦にして収納しています。
そうすることで引き出しに入れていても、持っているパンツを把握しやすく、下の方に入れてしまったパンツを引っ張り出すために上のパンツをグシャグシャにしてしまう事もありません。

他に引き出しの高さにも気を付けています。あまりにも深いタイプの引き出しですと上に積み重ねやすくなり、縦にして収納しても無駄なスペースが多くなり、けっきょく積み上げてしまいます。
なので、パンツなども縦にして収納できるくらいの少し浅めで横幅や奥行きが大きめの引き出しがおすすめです!

衣替えで衣装ケースを移動させる際に気を付けているのは、中身のチェックは入念に行い、パンツも一度も着なかったものは処分かリサイクルにまわします。子供達の服はこの方法で収納しています。

 

衣替え収納の注意点

ダンボールご紹介したような、服を仕舞い込まずに全てハンガーにかける収納や引き出しごと移動させる収納方法は、それなりにクローゼットの広さや引き出しの多いタンス、衣装ケースの数もたくさん必要になります。
私も戸建に引っ越してきて初めてこの収納方法が出来るようになりました。

どうしても引き出しの中身を出し入れして衣替えする必要がある場合、シーズンオフの衣類を長期保存しますよね。その際の注意事項をご紹介します。

① 段ボールでの保存は絶対にしない!
ダニなどの害虫に食われやすいのでおすすめしません!出来れば密閉できる箱がいいです。

② 保存する箱には必ず防虫剤を入れる!
防虫剤は上から下へと成分がおちていくので、一番上に置いてください。

③ 衣類は必ず洗濯してから仕舞う!
洗濯する際は、風呂水の利用は避けてください。残り湯の成分がシミの原因になってしまうそうです。

アウターや厚手のニットなどは、仕舞うのも大変だしスペースも取りますよね。
そんなときおすすめなのが、クリーニング店などの保管サービスです。
一着200円台から長期間預かってくれるそうです。便利ですよね。
値段やサービスの有無は、近くの店舗に確認してみてくださいね。

 

手間いらずの収納方法

収納スペースの衣装ケース秋冬に大活躍するブーツなどは、あえて箱に仕舞わずに通気性が大切なので靴箱の上段に移動させたりしています。

全てハンガーにかける収納方法は、洗濯の際に使うハンガーも全て同じものに揃えておけば乾いたらそのままクローゼットへ仕舞えます。
いちいちハンガーから外して、畳んで、引き出しに入れる手間が無いので、時短にもなるし忙しい主婦には本当におすすめです!
たたみジワが出来ることもありませんし、よく『ニットの重みで肩の部分が伸びたり、ニット全体が伸びない?』と聞かれますが今のところ気になりません♪

いかがでしたか? 衣替えがどうしても面倒で、簡単な服の収納方法に悩んでいた私が、様々な収納方法を試した結果、この収納に辿り着きました。

収納方法に悩んでいたり衣替えはめんどくさいというあなたも、まずは一度、試してみてください。
あなたにピッタリな収納方法が見つかるといいですね♪
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。







-みひまるママ, 衣替え
-,

Copyright© 暇つぶしの穴場 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.